〜治 療 編〜

思ったよりも大きく削られたのはどうして?
近い将来虫歯になる部位、詰め物が取れない様に、等の原因です。
また、虫歯の入り口は小さいけれど、中は大きく広がっている場合があります。

Q 治療したのにしみるのはどうして?
A 神経の先端を切ったことになるので神経が興奮してしみることがあります。徐々に取れていくものです。
治療後よりもしみるのがひどくなるようなら相談してください。

Q 前歯の治療は高いのですか?
A 現在は前歯にも保険が適用されますので、前歯のみ高いということはありません。

Q 抜歯すると義歯になってしまうのですか?
A 抜歯する場所、本数にもよりますので必ずしも義歯になるわけではありません。

Q 義歯を入れなければならなくなりましたが、他に方法はないのでしょうか?
A Inplant(インプラント)という方法があります。ご相談を。

Q 義歯が合わなくて困っています。何か方法はないですか?
A 義歯を削ったり、咬み合わせを調整したりして治る場合もあります。それでも治らない場合は義歯をもっと精密に作るという方法もあります。一度ご相談下さい。

Q どうして親知らずは抜かなければいけないのですか?
A 正常に萌えていて機能している場合もありますが、多くは抜歯が必要です。理由として炎症や虫歯、歯周病などの進行で痛みや腫れを引き起こし、今は症状がなくても何時の日かそれも大切な時期に例えば試験や仕事が忙しいとき結婚や出産時などに症状が出てしまう可能性があるからです。
具体的には親知らずの手前の歯への影響、歯周病の悪化、顎関節への悪影響、歯性上顎洞炎などです。

保険治療と自由治療の違いはなんですか?
保険治療は、材料、治療方法に制限があります。これ以外の材料・治療法をした場合を自由治療と言います。